Raft The First Chapterアップデート

文明レベルが上がりました。

アップデートにより、エンジンや舵など、イカダ航行が楽になる物が実装されました。
また、レシーバーも改良され…というかストーリー基準になり横幅が広くなり
周波数を設定する装置が追加されました。
これにより今までランダムだった一部の到達地点が確定で着けるようになりました。
周波数はメモ等を拾うことでノートに追加され数値を入力することで
行先が表示されます。

青いマーカーが周波数で行けるところ。

エンジンと舵は周波数で到達できる難破したクルーズ船の操舵室で設計図入手。
船内は真っ暗でヘッドライトとネズミが出るので槍数本必須。
全部屋回ってイベントアイテム収集してクラフトしないと操舵室に辿り着けません。
ついでにメモ等も拾って船実績も解除しておくといいかも。
エンジンの燃料は木かバイオ燃料が必要。バイオ燃料は箱からランダムぽい。
追記:→Balboa島で設計図から入手。
木の燃料は18個ぐらい入って1個30秒ほど動かせるのかな。
イカダの大きさによってエンジンの必要数が増えて行くようで1基につき100マス。

新アイテムのハチミツ、食用以外にバイオ燃料にも。

ストーリーの次の島、Balboaは逆風なのでエンジンが無いと到達はほぼ無理かな。
帆とパドルだけでも行けなくはないけど周波数合わせた時点で距離1800だから
まぁエンジン作った方が早いね。

その他。
サメの行動がかなり修正されて島を貫通しなくなりました。
スピードも遅くなり前はギリギリだった攻撃タイミングもかなり緩くなり
振り向きざまに2発目も入るように。
それに伴ってかイカダから離れてもすぐにプレイヤーに来なくなり海中探索が楽に。
さらに討伐後の相打ち攻撃はなくなり剥ぎ取りも槍刺しから全敵共通のEキー長押しへ。

熊や樹木が実装されようやく木を自給自足できるようになりました。
樹木の種は熊がいる島で松ぼっくりや白樺の種を入手する必要があります。

島の海中もリファインされ浅瀬が多く生成され棚段ぽくなりました。
そのおかげで棚段の所に鉱石が生成され深く潜る必要はなくなりましたが
以前のように密集することは無く、2~3個ぐらいがぽつぽつある程度。

山羊を飼いました。八木橋とマサヨ。

山羊が死にました。スプリンクラーのバッテリー切れで餌不足。

ラジオステーションのホワイトボード。変更されてました。

周波数で行ける難破船、クルーズ船が岩場に挟まってます。

とりあえず、色々揃ってきたのでそろそろイカダを整えようかな。
現状1Fに色んな物を置いていてど真ん中にサメ襲撃来ると危ないのですよ。
2Fは素材足らなくて全然伸ばせないし上陸用に伸ばしてるから形悪いんだよなぁ。

追記:
Balboa島到着。
エンジン快適すぎる。あっという間にBalboa島に着きました。
が、とりあえず、広い。日が沈むまで探索して島の1/4ぐらいしか行けなかったかも。
敵は今の所クマとクマママ。普通のクマは多めなので槍3本以上、予備で弓矢10本以上は必要。
クマママは洞窟の前に座っていて近づくと襲ってきて洞窟から一定以上離れると戻ります。
倒す実績はありますが、火力高くて3パンチで死亡、攻撃範囲も広め。
洞窟の近くに木箱があるのでそこにキイチゴを5つ集めて入れておくと釣ることができ
その間に洞窟を探索できます。

洞窟にはマチェットとそのブループリントがあり、マチェットは邪魔になる草やツタを伐採。
島に高い鉄塔があり、そこに行くための洞窟にツタがあるのでそれを取り除いて先に進みます。
とりあえず進行はここまで。

他はハチミツエリアがあったり先に着いたと思われる人たちの痕跡(メモ)があったり
ロッカーの中にイベントアイテムがあったりと謎な島。
目印になる看板があるけど全部似てるので迷いやすいです。

大きな島の探索をして思ったけど陸地でのキャンピングセットが欲しいですね。
全部船の上にしか設置できないので陸地探索は夜明けと共にダッシュで行かないと間に合いません。
デスペナはステが減った状態で復帰だけだから死に戻りという手もありますが。
あとブループリント邪魔。

追記2:
Balboa島クリアしました。
Relay Station(中継局)2、4、6の電源を入れると次の目的地の周波数が表示されます。
Ranger Stationに集めたアイテム収納するとノートが完成して実績クリア。
中継局2は汚染池を浮石を利用してジャンプして移動。継続ダメがあるので池に入る前にセーブして
体力1/4切ったらロードしてやり直した方がいいです。軟膏があればいいけど。
中継局4は橋が上がったままなので石を拾って橋の横にあるレバーに当てて降ろします。
中継局6はマチェットが必要なので2、4と道中の寄り道でキイチゴを集めてクマママに食べさせてる隙に
洞窟に入って入手、あとは道なりに進んでツタを切って進む。
ブルーノの道具はレンジャー小屋の壁にあるツールボードに収めると写真が出てきてノート。
バイオ燃料精製装置、バイオ燃料タンク、パイプは中継局やレンジャー小屋の所にあります。
クマママはダメージ回復してないとすると鉄矢50本ぐらい当てたような。皮と肉が多く専用頭あり。

次の目的地の周波数を入れるとアップデート待ち。次はSecond Chapter。

燃料の精製をして溜めてそれをエンジンに繋げてと中々施設ぽいことができるように。
ただ、エンジンは1F固定なので配置が結構固まる感じになりそうです。
せっかく斜めパーツがあるので普通の船のように1Fは壁で埋めてって感じにできないのが残念。

コメントを残す