エグゼイドでガードベント

今週のエグゼイドでまさかの龍騎ネタが行われました。

ガードベントとは(ニコニコ大百科)

仮面ライダー龍騎の第19話でライダーゾルダが放ったファイナルベントの
「エンドオブワールド」を避けるためにライダー王蛇は近くにいた
ライダーガイを盾にして爆風を防ぎ、さらにそのガイにとどめを刺すという
悪役らしいシーンがありました。
この盾にするところからガイ=王蛇専用ガードベントという二つ名が。

エグゼイドではライダースナイプがLv3技ジェットクリティカルストライクを放ち
ライダーエグゼイドはちょうどもみ合っていたバグスターを盾にして
直撃を免れるというシーンでした。

このLv3技とエンドオブワールドは銃撃乱射という似た物で
ライダーファンとしてはもう笑うしかないところでしたよ。

今週のジュウオウジャー

今週は相撲がモチーフの敵で対決も相撲でした。

レオが相撲の特訓をするシーンではまわしの下にスパッツ。
そして敵との取組の時にレオが猫だましをした後、腕を負傷して
代わりにアム(女性)が取組。
これはやはり映画シコふんじゃったを意識したのかな。

映画では留学生の外人が人の前でケツ出せないからスパッツで練習するも
大会では出場できないから不戦敗扱いで終盤はスパッツ破って勝負。
ケガは取組の時に腕を負傷して負けて次の取組ではその人の代わりに
女性マネージャーが変装して勝負に出るという流れでした。
ちなみにケガをする取組の時も猫だましをします。

スパッツに関しては若手イケメン俳優、色別のキャラカラー
尻尾の付け根とか色々あったかと思います。
腕負傷から女性が対決ってのはシコふんじゃったの流れまんまでした。
まぁ、映画では負けるんですが。

しかし、何より面白いのは八百長相撲をぶっこんで来たところ。
仮にも大相撲ダイジェストをやってた局だろうに。