レベル50

CoD:BO、オンラインの方がようやく50になりプレステージ可能になりました。
で、ちょっと溜めたお金でエンブレムの解放を行いました。

最近のCoDシリーズはプレイヤーカードというのが有り、プレイヤーの情報が記載された
ネームプレートのような物で、一部自由にカスタマイズすることが出来ます。
そのカードの左側にエンブレムを自作することができ、それの解放ということです。

フォルツァなんかだとレイヤー数が多くてイラストなんかが描けますが
CoD:BOの場合、12枚のレイヤーとミリタリーで使うようなアイコン450~500種ぐらい。
なのであまりこった物や文字なんかは描けませんね。

XBLAスレでおなじみのPeggleの吹き出しAAを再現。

うーん、素材もレイヤーも少ないから難しい。
ゲーム中色んなエンブレム見てますがちゃんと分かる物もありますね。
キャラエンブレムだと顔半分や1/4で特徴を入れたり。
しかしキャラエンブレムの殆どが日本人という。

ilomilo

今週の水曜あたりからilomilo(イロミロ)がゴールド限定で半額の400MSPになっています。
以前、パズル特集で半額になってたけど買いそびれたのでありがたいですよ。

ilomiloは別れ離れになったiloとmiloを再会させる立体パズル。
可愛いキャラクターと独特の世界観で結構好評なようで。
パズル自体はそこまで難しくはないけど立体パズルなのでちょっと頭を使います。
キューブを持ち運んで道を作ったり、90度回転、180度ひっくり返る仕掛けなど
立体を生かしたパズルになっています。
例えば垂直移動するキューブは自分が90度回転すると水平移動に見えたり。

1チャプター12ステージ、4チャプターで全48ステージ+αのボリューム。
追加DLCで25ステージがあるそうで、コチラは半額対象外の240MSP。

これはオススメ出来るXBLAの1本ですね。

越後屋平助は甥である

全50ステージのうちようやく半分まで着ました。
天誅千乱では基本的に大将を倒す、密書や爆弾回収、密偵と合流が
クリア条件になるのですが、1ステージのみ越後屋平助の尾行があります。
このステージは越後屋に見つかったり、見失い時間切れになると即ゲームオーバー。
全ステージ中一番の難易度とも言われています。
そしてステージ冒頭で流れる小林清志のナレーションが何回もやり直しで聞くため
このフレーズが頭に残るという。

しかし、箱初期のゲームだけど面白い。
ゲームオーバーで毎回忍びの里に戻されるのが面倒だけど。

JSR今夏配信予定!

EUROGAMER.netの情報によると今年の夏にPC、PSN、XBLAで配信とのこと。
配信時期の発表だけで他の情報はありませんが、公式サイトでグラフィティの
一般公募を行っているようです。
大賞に選ばれると色々貰えるそうな。ただ、応募はUS、CA在住のみ。

どうやらデ・ラは国内販売のみで製作はSEGA USなので通常のJSRぽいですね。

Jet Set Radio HD out this summer on PC, PSN and XBLA(EUROGAMER.net)