Stranded Deep 地図MOD

超便利なMOD。

2ch本スレで紹介されていたMODを入れてみました。
今回導入したMODはTierModと言うもので地図とアイテム召喚とコンソールが付いています。

TierMod のコミュニティページ(v0.03.h3&v0.04.e3)

配布されているのは通常版とベータ版ですが、7/15にベータ版はE4になったのでベータ版では使えません。

■ インストール
リンク先からZIPファイルをDLしたら中にある2つのフォルダを
SDのインストール先に上書きコピーします。
インストール先は “steamapps\common\Stranded Deep\Stranded_Deep_x64_Data”
上書きするファイルはAssembly-CSharp.dllなので一応バックアップとっておくといいかな。
一応中に入ってますけど。

ゲームを起動するとバージョンが左下に出てSettingsで設定も出来ます。
071701

■ 地図機能

地図は右上にミニマップで表示されます。
071702

Mキーを押すと全体表示になり、ホイールで拡大縮小、ドラッグで地図スクロール。
左Shift+Mキーでミニマップの表示非表示の切り替えが出来ます。
地図の黄色は島で薄い色は未発見の島。
オレンジはリネームした島でダブルクリックで名前を付けることが出来ます。
緑の点は沈んだ船、青の点は沈んだ飛行機、白い点は海上施設、油田とかで見かけるアレです。
訪れたことがある島は右クリックでファストトラベルが可能です。が、たまに岩に埋まります。

071703

071704

上の地図の位置からFTをした感じ。
といっても一瞬なのでよく分かりませんね。
071705

船沈みすぎだろ…どこのバミューダトライアングルだよ。

■ アイテム召喚機能

次はアイテム召喚機能の紹介。
F10キーを押すと召喚リストが表示されるのでクリックするだけ。
それぞれジャンルごとに分かれてるので探しやすいですよ。
071706

アイテム召喚で家も簡単に建てられます。
071707

普通にやっても何かパーツが足りないエンジン付きイカダもこの通り。
071708

作ることが出来ます。
材料はイカダ(海の上で土台製作)、木の棒1本、エンジンパーツ4個、ダクトテープ。
初めて乗ったけど一度エンジンかけるとWASDで操作できるのね。
071709

他にもイースターエッグなアイテムや実装されてるのか不明な物も。
AK47。3点バーストになっていて3発で石斧5発分の火力。
銃を持ったままうっかり左クリックするとそこらへんのアイテムが消滅します。
071710

フラググレネード。
こちらも破壊力がある武器。ダイナマイト漁!
071711

バレーボールのウォーリー。
元ネタはトムハンクスの無人島サバイバル映画、キャストアウェイに出てくるバレーボール。
Dead EX社のミステリアスな宅配物。
071712

■ コンソール機能

¥キーでコンソール画面を呼び出してコマンドを入力することにより環境が変化します。
重力や天候、プレイヤーのステータスなど主にデバッグ向けですね。
コマンドと効果はこのスレッドに書かれています。
Console Addons

gravity.verylowでジャンプして撮影
071713

**********

さて、先日アップデートされたE4版ではついに島同士が近くに生成されるようになり
このバージョンにバグがなければ安定版としてリリースされるようです。
修正リストを見るとカニが1つの穴から5匹出てきたり抗生物質出現率が25%UPなどありますが
椰子の木に登れなくなりココナッツ獲得方法が木を切るか物を投げて落とすしかないようです。
まぁ、島が近いから常に移動することになるので問題ないとは思いますが。

公式ブログにアップされている画像を見ると巨大な島のモデリングや様々な植物に
海洋資産の構想もあるようですね。
次のバージョンアップが楽しみですよ。

Leave a Reply