Sunset Overdrive クリア

ハードコアァァ!!

■ ストーリー
ホラーナイトというイベントで配られてたフィジコ社のジュースを飲んだら
街の人が体がブヨブヨバケモノ OD (オーディー)になってしまった。
サンセットシティにあふれるODを倒しながらこの街から脱出する方法を探すことに。

■ システム
アクションシューティング。
街中を縦横無尽に飛んだり跳ねたり滑ったりしつつTPSのシューティング。
昔DreamcastやXboxで発売されたたジェットセットラジオのような感覚です。
ガードレースや電線をグラインドしたりぶら下がって滑ったり。
また車や貯水タンクなどはバウンドして高く飛ぶこともできます。

武器は20種近くありそれぞれ敵を倒すごとにレベルアップしてダメージとマガジンアップ。
なので最初はどの武器も若干弱いので新しい武器を手に入れたら雑魚を倒しまくる
必要があります。

アンプシステム。
いわゆるブースターで武器Lv2以上で装着可能。倒した時に爆発したり氷結したりなど。
武器以外にもプレイヤーにアンプ装着可能で近接時に敵を弾き飛ばしたり
グラインドすると炎をまき散らしたりなど。

夜警によるタワーディフェンス。
キャンペーンだと新しい拠点を設置する際に夜警が発生します。
各方向からODが侵入してくるのでトラップを使ったり銃撃で侵入を阻止します。
時間までジェネレーターを守り抜ければ勝利です。

オンライン。
オンは協力競争プレイになります。
マップ上でミッション開始ポイントまで移動すると開始、その着順でもボーナスあり。
ミッションは討伐、防衛、回収などですが協力や競争要素があります。対人などダメージはなし。
最後までミッションを進めると夜警になり拠点防衛になります。
クリア後は獲得ポイントでスロットを回してコスやアンプなどを入手可能。

■ グラフィック
中々ポップな感じですが、グロ表現はあります。設定でOFF可能。
ゲーム内容とグラフィックは合っていてオープンワールドでもロードは短く
快適にプレイできるレベルです。

■ 実績
クリア実績の他に収集、武器強化など。
オンライン実績は人が殆どいないため(2014年11月のゲーム)野良ではほぼ無理。
DLCにもオンライン実績があるためコンプは厳しいでしょうねぇ。

■ 総評
爽快感のあるアクションゲーム、85点。

前にも書きましたがJSRFとインファマスを足した用なゲームです。
街中を飛び跳ねまわってスタイルを決めて敵をガンガン撃ちまくるし
何より落下ダメージがないのでアクションゲームの中ではストレスフリーで遊べます。

残念な点と言えばキャンペーンやサブミッション以外のイベントが殆どない。
街の人が襲われてたり捕まってるので周りの敵を助ける救助のみ。
しかも貰えるのは現金の方なので使い道がコスチューム購入しかありません。

字幕を見逃しやすい。
字幕が下の方に出るので画面を見ながらだと見逃しやすく
さらに実績やクリップ保存のメッセージが字幕の位置に出るので
キャンペーンクリア実績があると大抵セリフ二言ぐらい読めませんね。

夜警が微妙に難しい。
拠点防衛の夜警ですが、設置できるトラップ数はポイント制になっていて
そのポイントの上限が低いため設置できるのは3~6個程度になってしまいます。
防衛地点は外からの侵入バリケード、ジェネレーター前のバリケードなど
結構あるので殆ど足りず、基本的にプレイヤーが動き回って倒すことが殆ど。
せっかくトラップがあるからもう少し設置して活用できるようにして欲しかった。
終盤は3基防衛でエリアも広くなるので残り2基捨てて1基防衛などそういうプレイに。

オンラインに人がいない。
もう今年で3年目になるのでしかたないっちゃしかたないんですがね。
オンでしか手に入らない武器やコス、アンプがあるぽいのでちょっと残念。
一応日本時間日曜昼前(北米土曜夕方~夜)にオンしましたが3人しかいませんでした。
しかも1回失敗するとすぐ抜けるし。

バグ。
最終ステージ、ラスボス戦でまさかの音バグにあい、ボイス以外無音になりました。
エンディングも無音、字幕も出なかったのでもう一回プレイし直しですよ。
あとXboxLiveオフラインでプレイしてオンラインでプレイする際にデータが読み込めず
オンラインから普及させたら奈落バグが発生して街をすり抜けて落下死しました。
街中は落下ダメないけど移動不可エリアだと死亡判定あるようです。

Leave a Reply